女性が気になる妊娠した時、結婚後の働き方について

この記事は2分で読めます

女性が気になる妊娠した時、結婚後の働き方について
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護職の魅力の一つとして、専門職であることから結婚後も変わらずに職場から必要とされることがあげられます。「結婚退職」という言葉は介護職の世界ではあまり聞かないかもしれません。

女性が気になる妊娠した時の働き方

女性が気になる妊娠した時の働き方
私が知っている介護職のほとんどの方が結婚後も働き続けています。ですが女性が気になるのが「妊娠の可能性」だと思います。妊娠をしたら、夜勤や身体介護を外してもらい十分産休前まで働くことができます。

多くの介護施設では妊娠をしたら産休、育休を取得して継続して働いています。産休を取得し出産することで職場から出産手当も支給されます。

大変かもしれませんが金銭面を考えると収入を得られるのでぜひ産休、育休を利用していただくことをおすすめします。

育休後は職場も育児面を考慮して、夜勤や遅番がないようにシフトを組んでくれるため、子どもを保育園に預けながらでも十分働くことができます。

妊娠を機に退職するケースって?

妊娠を機に退職するケースって?
また、妊娠中の仕事に自信のない場合や出産後はパートで短時間働きたいという方は退職しています。「ここまでがんばってきたのに退職をしてしまうとまた1からのスタート」と思うかもしれませんが、介護職はたとえ妊娠していても立ち仕事であることは変わらないため、多かれ少なかれ身体に負担が出てきます。

そのため、妊娠を機に退職していただくことも大切だと思います。

無理せず、できそうな働き方を選ぶ事が大切

無理せず、できそうな働き方を選ぶ事が大切
どちらを選択するかはあなたの健康状態や家庭環境などに合った働き方があるので「こちら」というのはおすすめできませんが、あなたが継続できそうな働き方を選んでいただくことが一番大切な事です。

「自分には無理」だと思ったら妊娠後に退職することも大いにありです。一度退職をしても介護職は専門職であるため、いつでも再就職ができます。もちろん、子どもに手が掛からなくなったら正社員として働くことも十分できます

介護職のパート勤務であれば短時間で働くことも可能ですし、残業や会議に出席する必要もないため育児に専念することができます。

女性は結婚後、今後の働き方を考える必要が出てきますが介護職は求人数も多いことから色んな働き方を選択することができるため、あなたに合った働き方を見つけることができます。

「今の自分にできる働き方」を考える時、プロに相談しながらより具体化し、その働き方にあった職場を探してもらうのが失敗しにくい方法です。詳しくは、「失敗しない」職場探し&おすすめ介護求人サイトで書いたので、参考にしてみてください。
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
女性が気になる妊娠した時、結婚後の働き方について
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中高年の「介護転職のポイント」と「お勧めの介護サービス」
  2. 教育に力を入れている介護施設は「どう見分ける!?」
  3. 介護職から他業種へ転職する方へ!人気の職業は看護職や医療事務
  4. 【介護職】オープニングスタッフの魅力と注意点
  5. 40代以上で退職金のある介護職場へ入るのは現実的?
  6. 採用担当者が重視する【2つのポイント】とは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心