内気で利用者と話すのが苦手な方!改善策はコレです

この記事は2分で読めます

内気で利用者と話すのが苦手な方!改善策はコレです
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

私は現在介護講師の仕事をしていますが、受講生の中には大人しい方や内気な方、控えめな方もたくさんいます。ですがどの方も就職をすると立派な介護職員に変化していきます。

介護職になったからといって、無理に明るくする必要はありません。大切なのは「問題なく仕事を行うこと」です。

私も、もともと内気な性格ですが、介護職を始めると小さい声では利用者に通じないことが多いため自然と声のボリュームが大きくなりました

また、利用者の介護は一つ一つ声かけを行うことが基本であるため、自然と話ができるになりました

利用者と話すのが苦手な方へは信じられない話かもしれませんが、介護職としての環境が自然と利用者とのコミュニケーションへ導いてくれます。話し方なども周りの職員を観察していると「こんな感じかな」という感覚が身につけられます。

利用者との関わりに対する意識

利用者との関わりに対する意識
介護職員でも大人しい性格の方や内気な方はいます。ですがそういった方でも介護職をしています。大切なのは「利用者と話す」という気持ちではなく「仕事として話す」という感覚をもっていただくことです。

職員とのコミュニケーションも同じです。「気が合うから話す」のではなく、「仕事だから話す」と思って下さい。職場は学校とは違うので、「好きじゃないから関わらない」というわけにはいきません。そうすると仕事が進行していきません。

「仕事」だと思えばやらなくてはならないため、自然と話せるようになります

そして利用者のコミュニケーションや介護も同じように「仕事」だと思って行って下さい。あなたの中から「不安」が消えて「使命感」のような気持ちが生まれてくると思います。

そして、「仕事」が終われば元のあなたに戻ればいいのです。無理に性格を変える必要はありません。

関わりに自信のない場合は

関わりに自信のない場合は
参考までに利用者と話す機会が少ない介護サービスに、福祉用具専門相談員や介護事務があります。介護職に興味があるけど職員や利用者との関わりに自信のない方はこちらの介護サービスの就職をおすすめします。

職員や利用者と話すのが苦手な方は、まず始めに福祉施設へボランティアに行くことをおすすめします。ボランティアに行くことで利用者とコミュニケーションを取ることができるため、仕事体験のようなことができます

もちろん職員の仕事の様子を見学したり、分からないことを聞くこともできます。

そのため介護職に興味のある方は、まずボランティアに行くことをおすすめします。

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
内気で利用者と話すのが苦手な方!改善策はコレです
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 信頼関係を築くのが一番難しかった利用者さん
  2. 利用者様に信頼される介護士になるための心構えとは
  3. 介護スタッフが嫌いになってしまう利用者さん5選!(気を付ける事は?)
  4. 利用者さんとの会話が苦手な方へすすめる介護関連の仕事とは?
  5. 精神疾患で【拒否が強い利用者】とのコミュニケーションに悩んだら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心