入職前のブラック施設の見分け方!(見学、ボランティア、他)

この記事は2分で読めます

入職前のブラック施設の見分け方!(見学、ボランティア、他)
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護職にも残念ながらブラック企業があります。ブラック企業の内容は職員の休日数が規定休日数よりも少なかったり、夜勤明けの翌日から出勤であったり、職員が少なく休日出勤をしたにも関わらず代休も手当もなかったりと、色んな施設があります。

また、職員の待遇に問題がなくても利用者に対して虐待的なことをしている施設もあります。

利用者を故意に無視していることも精神的虐待になりますし、おむつ交換をしなければならないのに故意に行わないことも虐待につながります。

ブラック施設の見分け方

ブラック施設の見分け方
入職前のブラック施設の見分け方ですが、介護施設は施設見学やボランティアを随時受け付けているため、一度求人先の施設へ見学に行っていただくことをおすすめします。

施設見学をすることで、施設の雰囲気や利用者の様子が分かると思います。そして、可能であれば職員の仕事や介護中の利用者の様子を自分の目で確認するためにも、一度ボランティアへ行っていただくことをおすすめします。

ボランティアをすると大分施設の印象が理解できると思います。もちろん就職しなければ分からないこともありますが、もしボランティアをしたことで施設の印象が違うと分かれば求人応募先も変えることができます

特に注意して見たいポイント

特に注意して見たいポイント
注意して見ていただきたいのは、職員の利用者に対する態度です。怒鳴っていたり、言葉づかいが乱暴であったり、他にも非常識なことをしているような職員がいた場合は、就職後もこのような環境で働くことになるため、他の施設を探した方がいいと思います。

ブラック施設の判断基準はあなたの中で「これはおかしいだろう」と感じた時です。

求人内容については見抜けない事も

求人内容については見抜けない事も
また、求人内容に関しては見学、ボランティア、面接だけでは見抜けないことがあります。(あなたに応募してもらうために採用担当者はあなたの質問を適当に返答している場合があります)。

そのため、入社をした後に勤務表をまず見て休みの日数やおかしいと思う部分がないか確認して下さい。

自分の勤務だけだと十分に理解できないので他の職員が無理なシフトを入れられていないかも確認することが大切です。

そして、少しでも「これはおかしいだろう」と感じたら、その施設はブラック企業の可能性が高いため、早めに退職していただくことをおすすめします。

日がたつにつれて色んな仕事を覚えることになりますので、続ける意欲がなければ早めに退職をした方が今後のためになります。

関連:入ってみると面接の時と違う・・そんな場合は

 

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
入職前のブラック施設の見分け方!(見学、ボランティア、他)
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 女性が気になる妊娠した時、結婚後の働き方について
  2. 『介護求人の探し方』周りに聞く、見学、派遣会社の活用について
  3. 介護職はブランクよりも資格が大事
  4. 【入ってから後悔しない】施設見学のチェックリスト
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心