介護の仕事でプラスアルファになる資格って?

この記事は3分で読めます

介護の仕事でプラスアルファになる資格って?
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護の資格で一般的に知られている資格は介護福祉士と介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了になります。どちらかの資格を持っていれば転職に有利ですが、プラスアルファとして持っていると転職に有利な資格を紹介していきたいと思います。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネはプラスアルファとして強い
プラスアルファとしてお勧めの資格は「ケアマネジャー(介護支援専門員)」です。よく通信講座の案内で聞く資格ですが、ケアマネジャーになるためには介護現場で5年以上の実務経験が必要になります。

ケアマネジャーを持っていると、利用者の介護計画を作成することができます。介護業界では入所した利用者の介護等の援助計画を立てることが決まりとなっているため、すべての介護施設でケアマネジャーは必要不可欠な存在となっています。

ですが、ほとんどの介護施設ではケアマネジャーを1人専任として置いているため、専任ケアマネジャーにならない限り十分に資格を使えることはありません。

しかしケアマネジャーを持っていると、専任ケアマネジャーの受け持つ介護計画を分担して任せることができることから、(その際は介護職と兼務になります)資格を持っていない人よりも転職が有利になります。

ケアマネジャーの資格は合格率が20%代であることから、介護施設でも資格を持っている人が少ないのが現状です。そのため、転職希望先の介護施設でケアマネジャーが不足している場合は、ケアマネジャーを持っているとプラスアルファとしてアピールすることができます。

(専任ケアマネジャーだけで間に合っている施設もあります)。福祉関係の仕事を長く続けたい方は、ケアマネジャーは将来のためにとって損はない資格です。

認定介護福祉士

認定介護福祉士
さらに、プラスアルファの資格として、認定介護福祉士があります。認定介護福祉士は、介護福祉士よりさらに上級資格になります。

まだ申請中ですが、近年中には資格取得の申請が認められるようになるでしょう。

認定介護福祉士の取得要件は、まだ具体的に決まっていませんが、介護福祉士を持っていないと取得資格が得られない事だけは確実です。

認定介護福祉士を目指す方は、必ず介護福祉士を取っておきましょう。

また、認定介護福祉士を取ると、介護福祉士よりも給料が上がることが確定されています。

金額などの詳細はまだ分かりませんが、給料を上げたい方や既婚男性にとっては、とてもやりがいが持てる資格なのではないでしょうか?

さらに認定介護福祉士は、介護サービスのリーダー的役割を担う立場でもあるため、取得することで早く昇格することもできるでしょう。

将来介護業界で飛躍したい方は、ぜひ認定介護福祉士を目指しましょう。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員
また、福祉用具専門相談員の資格も役立ちます。福祉用具専門員とは、福祉用具の相談や販売を行う専門職になります。

そのため、介護職のように介護現場で働くのでなく、福祉用具専門店で販売やアドバイザーとして働くことになります。

福祉用具専門相談員は、腰痛を持つ方や、将来体力的に介護職を続ける自信のない方の第二の就職先としても人気があります。

私のいた介護施設でも、腰痛を機に福祉用具専門相談員に転身した方がいました。

そう考えると、腰痛になってから目指すのではなく、いざという時のために備えて取得しておくことも悪くありません。介護職をしているといつ腰痛を引き起こすか分かりません。

福祉用具専門相談員はケアマネジャーや認定介護福祉士のように受験資格が必要な資格でなく、誰でも受講することができます。

実務経験や試験も必要ないため、誰でも手軽に取得できるところが魅力です。

介護職ができなくなった時のことを考えて、少しでも興味のある方は、福祉用具専門相談員を取得しておくことがおすすめです。いざという時、必ず役に立つでしょう。

資格も大切だけど・・

資格も大切だけど・・
あと大切なのが、資格ではないですが、「介護職員の実務経験」です。介護の実務経験が3年以上あると強みになります。介護関連の資格は色々とあるため、特別な資格を持っていた方が転職に有利かと思いがちですが、これが率直な意見となります。

介護の現場は人手が不足している施設が多いため、どこの施設でも即戦力になる介護職員は転職の際に有利です。

働き口として施設、デイサービス、訪問介護と色々な場所がありますが、同じ系統の施設で実務経験があると更に転職が有利です。(例:デイサービスに3年勤務後、他のデイサービスに転職を希望)介護施設の採用担当者はいつでも即戦力になる職員を必要としています。

プラスアルファの資格取得については、講座について「どういったスタイルで学べる講座があるのか?」複数の講座内容をみておくと、後でスタートしやすいと思います。シカトルなどを使って、資料を比較してみると良いと思います。
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
介護の仕事でプラスアルファになる資格って?
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 介護パートさんに受けて欲しい「介護職員初任者研修」子育て中でも大丈夫
  2. 社会福祉主事の魅力と収入の例
  3. 『働きながら』がスタンダード!介護福祉士への道
  4. 難関資格「社会福祉士とケアマネ」の魅力とは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心