「介護の資格+事務」という選択肢の魅力とは?

この記事は2分で読めます

The following two tabs change content below.
ハナ

ハナ

現在35歳。15年程福祉、医療の仕事を経験しており、より知識を自分のものとできるようにライティングもしています。好きな事は、家族でドライブ。近くの温泉へ行ったり、子供と遊んだりして息抜きする事です♪

最近資格の中で「介護事務」というものを耳にしました。主に介護請求を行う仕事だそうです。私は実際に介護事務をやっていた事がありますが、介護経験と、その施設や事業所の仕組みを理解していた為、スムーズに覚える事が出来ました。

未経験から介護事務を覚える事はとても大変だと思います。逆に介護経験のある人が「介護事務を覚えたい」と思う事は、今後ケアマネージャーの資格を取得するにあたってとても役立つと思います。

施設の介護職員を続けている人は、施設の利用料がどの様に利用者に請求され、その他介護保険分の請求はどこにかけられるのか、いつ請求しているのか、請求したお金は一人どのくらいなのか等、知る機会は少ないと思います。

逆に、在宅サービスである、ヘルパーや、デイサービスで働いている人は、毎月実績をケアマネージャーへ提出する事もあり、その仕組みを理解している方が多いと思います。

施設で介護を続けている人は、在宅サービスへ転職する事があれば、介護請求について、多少の勉強をしておくと損はないと思います。

医療事務の魅力とは?

医療事務の魅力とは?
次に医療事務です。私は介護事務を覚えた後、医療事務も学びたく、医療事務講座を受け、資格を取得しました。医療事務も民間資格の為、多様化しております。

私は医療事務、医事コンピューターについて勉強しました。医療事務は、請求や返戻、負担額、生活保護制度等介護事務と保険という意味で共通している事が多く、スムーズに頭に入りました。

その他、処置や手術、検査等の名称がよく出てくるので「この疾患にはこの検査」など医療の知識を以前よりも身に付ける事が出来ました。

介護福祉士は医療の知識に欠けている

介護福祉士は医療の知識に欠けている
介護福祉士は医療の知識に欠けていると言われております。今までの自分の知識のなさに反省しました。又、介護福祉士やヘルパーが医療事務を取得する事によって、医療事務として雇う側にもメリットがあります。車椅子の介助等や軽い介助が出来るという事です。

病院としては、医療事務として雇う以上、介護をさせる訳にはいかないので、本格的に移乗介助などは出来ませんが、症状の軽い人の車椅子への誘導や、搬送は自ら気が付き「お手伝いしましょうか?」と声掛け出来ると思います。この様に、介護の資格+事務という選択肢もあると思います。

私は、医療事務の資格は講座で取得しましたが、講座について「どこがいいのか?」複数の講座内容を比較したり、費用を見たりと、時間は掛かりましたがうまく調べる事ができました。もし、あまり時間がない場合は、シカトルで医療事務、介護事務の講座を一括請求すると比較しやすいと思います。
The following two tabs change content below.
ハナ

ハナ

現在35歳。15年程福祉、医療の仕事を経験しており、より知識を自分のものとできるようにライティングもしています。好きな事は、家族でドライブ。近くの温泉へ行ったり、子供と遊んだりして息抜きする事です♪
「介護の資格+事務」という選択肢の魅力とは?
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 社会福祉主事の魅力と収入の例
  2. 働きながら「介護職員初任者研修」を受講したいなら!受講形態は主に3つ
  3. 資格取得により「旧ホームヘルパー教室」に採用された体験談
  4. 学歴無いけど介護職がしたいあなた!必要なのは学歴ではない?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心