介護老人保健施設の初日の仕事の流れをご紹介!

この記事は2分で読めます

介護老人保健施設の初日の仕事の流れをご紹介!
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護老人保健施設は、利用者の機能回復を支援し在宅復帰を目指すための施設です。そのため、理学療法士や作業療法士、看護師などが多いのも特徴です。

色んな職種が支援を行うことから、利用者の生活のあり方も深く考えられるでしょう。今回はそんな介護老人保健施設の初日の流れついて書きたいと思います。

午前の業務

午前の業務

出勤・挨拶・申し送り

まず8時半前後に出勤をします。そして仕事の支度をした後、自己紹介の挨拶を受けます。9時頃になると夜勤者から申し送り(引き継ぎ)があります。時間はだいたい10分~15分前後です。その後仕事が開始されます。

排泄介護

まず最初は排泄介護からです。先輩職員の介護を見学したり排泄物の廃棄などを行います。初日から一人でおむつ交換をすることはありませんが、先輩と二人で入ることもある為、おむつ交換の手順や留意点などは覚えておきましょう。

入浴用の着替え準備

おむつ交換後は利用者の入浴用の着替え準備が行われます。必要物品をしっかりと確認し、不足がないように気を付けましょう。

休憩・昼食の配膳

衣類準備が終わると休憩です。休憩時間は11時~13時の間に交代で入ります。休憩時間が早い理由は利用者の食事介護を行う関係です。

昼食休憩後は利用者の昼食の配膳が行われます。初日でも食事介護が行われることがあるため、しっかり予習しておきましょう。

午後の業務

午後の業務

下膳・食堂の掃除・排泄介護補助・着脱支援

昼食後は下膳や食堂の掃除を行います。

その後排泄介護の補助を行った後に入浴介護の着脱支援が行われます。初日から体を洗うことはないため安心して下さい。

主に行われるのは、利用者の浴室誘導や入浴後のドライヤー支援です。入浴介護は暑いことから、喉が渇きます。脱水症状にならないように水分補給の方法も事前に確認しておくといいでしょう。

おやつ介護・片づけ・洗濯物たたみ・休憩

入浴介護後はおやつ介護です。必要に応じて介護を行います。その後片づけや洗濯物たたみなどを行います。

おやつ介護が終わると10分ほど休憩があります。まだ2時間ほど仕事があるためしっかり休んでおきましょう。

排泄介護

そして休憩後は排泄介護です。利用者をトイレまで誘導したり、先輩と二人でおむつ交換を行うこともあるため、要点を後でまとめておきましょう。また、排泄物の廃棄も行うため廃棄方法などもしっかり覚えておきましょう。

排泄介護が終わると時間が落ち着きます。この時に先輩から仕事内容の要点や注意事項の説明があるため、しっかりと確認しておきましょう。もちろん、仕事時間内にすべて覚えることはできないため、帰宅後に覚えることが大切です。

その後、17時頃に夕食前の起床介護をして一日の業務終了です。

まとめ

まとめ

入社初日は介護見学や業務の説明がほとんどなため、身体介護を行うことはほとんどありません。ですが、覚えることがたくさんあるため、帰宅後にしっかりと整理しておくことが大切です。

また、業務マニュアルも配布されるため、帰宅後や休日を使ってしっかりと復習しておきましょう。最後に、介護職に就職をしたら、感染予防のために、出勤後や帰宅後は必ず手洗いうがいを行うようにしましょう。

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
介護老人保健施設の初日の仕事の流れをご紹介!
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 介護有料老人ホーム「初日」の仕事の流れをご紹介!
  2. 特別養護老人ホーム「初日」の仕事の流れをご紹介
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心