介護有料老人ホーム「初日」の仕事の流れをご紹介!

この記事は2分で読めます

介護有料老人ホーム「初日」の仕事の流れをご紹介!
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護有料老人ホームは一般的な介護施設よりもサービスが充実しているため利用者は高額な料金をかけて入所します。そのため、他の介護施設よりも質の高いサービスを必要とするのです。

今回は有料老人ホームの正社員の初日の流れについて説明します。

午前の業務

午前の業務

出勤・挨拶

まず出勤は8時~9時の間です。有料老人ホームはスタッフの格好を統一させているため、初日から制服を貸してもらえます。

更衣室で着替えを済ませた後、職員へ挨拶を行い仕事スタートです。多くの有料老人ホームはサービス意識を統一させるため朝礼を行っています。

担当者から業務説明

挨拶が終わった後は、担当者から業務説明が行われます。

有料老人ホームは利用者が高額料金を払いサービスを利用しているため、職員にサービスの留意点を十分に知ってもらってから業務に入らせます。そのため、入社数日は社内研修があると思って下さい。

研修では主にサービスの基本理念や利用者対応の注意点、就業規定などの説明が行われます。特に有料老人ホームはサービス理念を理解して利用者対応を行わないと、すぐに苦情がきてしまうため気を付けましょう。

また、有料老人ホームは一般的な介護サービスとは違い利用者に対して「様付け」で呼ばなくてはいけません。利用者を「お客様」として接しなければいけないため、介護経験のある方は今までと同じ感覚で仕事を行うと浮いてしまいます。十分に気を付けましょう。

施設見学・自己紹介

担当者から注意事項の説明が済んだ後は施設見学が行われます。自分の担当フロアの入浴場や食堂などもしっかり覚えておくようにしましょう。また、利用者とすれ違った際は挨拶することも大切です。

昼食前になるとホールに利用者がそろうため、担当フロアで自己紹介や挨拶が行われます。就職先によっては一発芸を考えることもあるため、事前に考えておくといいでしょう。

12時なると1時間ほど昼食を摂って午後は演習が行われます。

午後の業務

午後の業務

食事介護・コミュニケーションの練習

人形を使用したり、担当者へ利用者役になってもらい食事介護やコミュニケーションの練習を行います。ここまでする理由は職員の言動1つが利用者の退所に大きく影響するからです。

ここで担当者からOKが出ないと介護現場に出してもらえないため真剣に覚えましょう。

また、利用者への言葉使いも非常に大切です。介護経験者で利用者を下の名前やあだ名で呼んでいた方は気を付けましょう。もちろんタメ口はもってのほかです。

17時になるまで演習は行われます。初日から仕事を行うことはありませんが研修内容を覚えるだけでも疲れるでしょう。接遇も大事だと思って下さい。

まとめ

まとめ

有料老人ホームは利用者が大金を支払い利用している以上、常に最良のサービスを意識しなければいけません。

ですが、その分利用者へのサービスの可能性が学べます。将来、施設を立ち上げたい方や昇格を目指す方にとってはこの上ない学びが得られると思います。介護キャリアを上げたい方や幅広い介護サービスを学びたい方はぜひ有料老人ホームに就職して自分磨きをしましょう。

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
介護有料老人ホーム「初日」の仕事の流れをご紹介!
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 特別養護老人ホーム「初日」の仕事の流れをご紹介
  2. 介護老人保健施設の初日の仕事の流れをご紹介!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心