介護サービス別「介護度の違いと適正」について

この記事は2分で読めます

介護サービス別「介護度の違いと適正」について
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

同じ介護サービスでも機能や目的が違うことから、利用者の介護状態も違ってきます。特に介護未経験者は介護サービスの機能を知ることで要介護者の割合を理解することができます。そのため、より自分に合った所に就職することができるのです。

今回は、これから介護就職を目指す未経験者へ、介護サービス別の介護度の違いと、就職の適正についてお話したいと思います。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム

まず介護求人数がもっとも多く、介護スタッフに一番身近な施設として特別養護老人ホームがあります。

特別養護老人ホームの利用者は要介護3以上であるため車いす利用者がほとんどです。利用者は全介助まではいかなくても何らかの介護、支援を必要としています。そのため身体介護は行うものと考えて下さい。

特別養護老人ホームは身体介護が多いため、給料も介護サービスの中では一番高賃金です。正社員で夜勤を行っていれば平均手取りが18万支給されます。そのため、若い方や既婚男性などからも人気があるのです。

また、特別養護老人ホームは介護サービスの中でも一番介護職員が多いため、色んな職員から介護方法が学べます。知識や技術も深まるため、将来スキルアップしたい方はぜひ目指してみて下さい。

特別養護老人ホームの就職希望者は健康であることが第一です。腰痛や体力に自信のない方は長続きしないためおすすめできません。

介護サービスはたくさんあるため自分に合った場所に就職しましょう。

介護老人保健施設

介護老人保健施設

もう一つは介護老人保健施設です。特別養護老人ホームとの大きな違いは、リハビリ専門職によるリハビリを行うことが特徴です。

介護老人保健施設は利用者の在宅復帰を目的としているため、身体介護の少ない利用者が多いのも特徴です。

そのため、身体介護の負担を減らしたい方や他職種の仕事を学びたい方にもおすすめします。作業療法士や看護師も多いため、多角度から利用者の支援を学ぶことができるでしょう。

ただ、介護老人保健施設は看護師との派閥も多いことから、人間関係に注意していく必要があります。

人付き合いが上手い方であれば何の問題もありませんが、心配な方は介護職の多い特別養護老人ホームに就職した方が無難でしょう。

デイサービス

デイサービス

最後に紹介するのがデイサービスです。デイサービスの利用者は在宅から通っているため、身体状態は自立している方がほとんどです。そのため、ほとんど介護が必要ないことから腰痛を持つ方や体力に自信のない方から人気があります。

また、デイサービスは介護施設のように、早番や夜勤などの変則勤務がないため子どもの小さい主婦も多く働いています。さらに日曜、お盆、年末年始が定休日なので家族との予定も合わせやすいでしょう。

子持ち主婦や体の負担を減らしたい方へぜひおすすめしたい就職先です。

まとめ

まとめ

介護サービスは主に特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービスが代表的ですが、それぞれ入所している利用者の特徴が違います。自分の体力や生活環境に合わせた場所に就職することが大切です。

関連:「失敗しない」職場探し&おすすめ介護求人サイト

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
介護サービス別「介護度の違いと適正」について
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. グループホームは『元気なお年寄りが多い?』仕事内容や給与面の事
  2. 介護付有料老人ホームの職場選びで『注目すべきポイント』は?
  3. 正社員になるのを断られた時どうすればいい?
  4. サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容は?給与面の事も
  5. グループホームで働いて良かったコト「5選」
  6. 若い職員が多い施設ってドコ?特別養護老人ホーム、介護老人保健施設について
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心