介護現場の『チームワーク』に関する、重要項目3選とは!?

この記事は2分で読めます

介護現場の『チームワーク』に関する、重要項目3選とは!?
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護現場は介護の知識や技術があるだけでは十分な仕事が行えません。円滑に仕事をまわしていくチームワークも必要となります。チームワークが整っていれば多少手際が悪くても周りがフォローしてくれるため仕事が円滑に進みます。

ですがチームワークが整っていないとフォローする人がいないため円滑に仕事が進まないのです。

今回はこれから介護就職を目指す方へ、介護現場のチームワークで心掛けておきたいこと3選をご紹介します。

できない介護は手伝ってもらう

できない介護は手伝ってもらう

まず大切なのは、できない介護は無理をせず手伝ってもらうことです。一見恥ずかしいことのように思いますが、できないことに対して無理をすると、介護事故を起こす可能性があります。

そんな時は無理をせず周りに協力を要請することが大切です。チームワークの基本は協力要請への声かけです。

一人では大変なことも複数で力を合わせれば難なく仕事が終わります。効率良く、そして負担を少なくするためにもぜひチームワークを大切にしましょう。

マメな気遣いを

マメな気遣いを
もう一つは気遣いです。未経験者や新人職員は大変かもしれませんが、ある程度仕事に慣れてくると周囲の様子が見えるようになります。

この時に仕事が大変そうな職員の手伝いを積極的に行うことが大切です。そうすることで仕事が円滑に進むだけでなく、自分も大変な時に手伝ってもらえるため、今後のためにもなります。

気遣いがなければチームワークは始まりません。常に周りの状況を見て忙しそうな職員のフォローをすることが、チームワークを高めていくために大切です。

介護職は自分の役割だけが仕事ではありません。仲間と協力をして大きな仕事を円滑に進めていくことが一番大切です。そのために、いつもチームワークを意識して行動することが必要でしょう。

状況の報告(申し送り)を徹底する

状況の報告(申し送り)を徹底する
最後に大切なのは報告です。介護職は、ただ同じ介護を永遠とするのが仕事ではありません。利用者の個々の状態に合わせて適切な対応をする必要があります。

利用者は生身の人間です。健康状態や身体状態は日々変化しています。そういった細かな変化を報告しながらその時の状態に合わせて介護を行っていくことが大切なのです。

どこの介護サービスでも必ず利用者の状況の報告(申し送り)があります。ここでしっかり利用者の情報を得て臨機応変な介護を行っていくことが必要です。

一人だけ情報を理解していないと利用者介護に大きな影響が出ます。最悪事故の原因にもなるため、必ず利用者の報告(申し送り)は確認して利用者介護に反映させていきましょう。

これを理解していないと本当に仕事で影響がでてしまうため気を付けて下さい。

まとめ

まとめ
介護職はチームワークがあるからこそフォローが行き届き、仕事を円滑にさせ、結果、利用者様が安心して過ごすことができます。

一人では決してできない仕事なため必要に応じて誰かの力をかりることも大切です。それは介護負担を減らすことにもつながります。自分のため、そして利用者のためにもチームワークを高め働きやすい介護現場を築いていきましょう。

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
介護現場の『チームワーク』に関する、重要項目3選とは!?
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 介護現場で遭遇する「嫌な上司」5選
  2. 自分より仕事ができない人がリーダーになったらどうする!?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心