介護の職場探しは「ハローワーク、福祉人材センター」どっちが良い!?

この記事は2分で読めます

介護の職場探しは「ハローワーク、福祉人材センター」どっちが良い!?
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護未経験者は求人探しの際に「ハローワークや福祉人材センター」を使う方がほとんどでしょう。ですが、それぞれの特徴を理解したうえで求人探しを行わないと、自分に合った介護求人を探すことができない恐れがあります。

今回は、これから介護求人を探す未経験者へ、ハローワークと福祉人材センターのメリットとデメリットについてお話します。ぜひ自分に適切な方法で介護求人を探して下さい。

ハローワークのメリットは?

ハローワークのメリットは?
まずハローワークについてです。ハローワークのメリットは公共機関を通して介護求人を掲載しているため、大きな不正がなく求人内容が安定していることがあります。

ハローワーク側も求人内容の確認を行うため違反性のある介護求人は絶対掲載しません。

ハローワークのデメリットは?

ハローワークのデメリットは?

反対にデメリットは介護求人数が少ないことです。一般職の掲載もしているため、どうしても専門的に掲載できない所があげられます。

安全に介護求人を探したい方は、掲載数は少ないですがハローワークの利用がおすすめです。

福祉人材センターのメリットは?

福祉人材センターのメリットは?

また、福祉人材センターのメリットは、福祉求人を専門に取り扱っているため介護求人数が豊富にあることがあげられます。

幅広い介護求人が掲載されているため、ハローワークで探すよりも福祉人材センターで介護求人を探す方が自分に合う求人がたくさん見つかるでしょう。

福祉人材センターのデメリットは?

福祉人材センターのデメリットは?

デメリットは福祉を専門に取り扱っているため、一般職の求人がないことです。介護と一般企業の両方を考えている方は一度で求人を確認できないため、何度も手間をかけることになるでしょう。

まとめ

まとめ

介護就職だけを考えている場合は、介護人材センターの方が豊富に求人がそろっているためおすすめです。

反対に一般職と介護職の両方の求人を探す場合は、ハローワークの方が一度で両方の求人が見られます。時間がある場合は福祉人材センターにも足を運んでいただきたいですが、ハローワークだけでも十分求人探しができます。

これから介護求人を探す方はそれぞれの特徴を考慮して自分に合った求人探しをしましょう。

より好条件の介護職求人を探すなら

より好条件の介護職求人を探すなら

介護職専門に求人を探している方は、できれば少人数のみ募集しているような好条件の求人を見つけたいと思われていると思います。

好条件とまでは行かなくても、できるだけ失敗したくはないですよね。

職場探しで失敗しない方法としては、やはり事前の職場情報にかかっています。効果的な職場探しについては、失敗しない職場探しの方法の記事でご紹介しました。

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
介護の職場探しは「ハローワーク、福祉人材センター」どっちが良い!?
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 【介護職】働きやすい、残業少なめ、いじめ無しの転職成功例
  2. 【入ってから後悔しない】施設見学のチェックリスト
  3. 介護職の仕事内容を知ってから正社員として働きたい方へ
  4. 中高年の「介護転職のポイント」と「お勧めの介護サービス」
  5. 『介護求人の探し方』周りに聞く、見学、派遣会社の活用について
  6. 入職前のブラック施設の見分け方!(見学、ボランティア、他)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心