介護現場で遭遇する「嫌な上司」5選

この記事は3分で読めます

介護現場で遭遇する「嫌な上司」5選
The following two tabs change content below.
なみこ

なみこ

現場経験は10年以上あります。お花、紅茶好きの40代です。最近は半身浴がマイブーム。少しでも悩む介護士さんの手助けになれば幸いです。

介護の現場で働いて良かった、楽しいと感じることは多いですか?日々の仕事にストレスはありませんか?

介護の現場は、利用者さん、ご家族、同僚との関係性を上手に築き上げていくことが、楽しく、長く働く秘訣です。そして、自分のやる気を生かしてくれる上司の下で働きたいものです。

この記事では、介護の現場で遭遇する「嫌な上司」5選をピックアップします。ぜひ参考にしてください。

介護スタッフの悪口、陰口を言う嫌な上司

介護スタッフの悪口、陰口を言う嫌な上司
介護スタッフの中には新人で技術が未熟な人や、社会人としての常識が身についていない人もいます。元からいるスタッフになかなか馴染めない人、コミュニケーションが苦手な人もいるでしょう。

介護スタッフが数人集まると、どうしても「浮いいる人」「変わった人」の悪口、陰口になりがちです。それ自体は、止められないことです。しかし、上司が部下の悪口、陰口を、一般のスタッフと一緒に言い合うことは言語道断です。嫌な上司であり、無能な上司と言えるでしょう。

介護関係のお仕事で上司という立場に立っている人は、大半が現場出身です。上司という立場にたっても、スタッフとのなれ合い関係が抜けず、その場にいないスタッフの悪口で盛り上がってしまう意識の低い人もいます。

悪口、陰口を言われた介護スタッフはたまったものではありませんね。

介護スタッフに仕事を公平に割り当てない嫌な上司

介護スタッフに仕事を公平に割り当てない嫌な上司
良い上司の条件は、「公平でオープン」であることです。

仕事において公平性は大変重要な要素です。介護スタッフの方から受ける相談の中には「キツい仕事ばかり割り当てられて困っている」「正当な理由なく、夜勤の回数を減らされた」という内容が少なくありません。

上司が、介護スタッフに仕事を公平に割りあてないことが不満ということです。

施設系の介護スタッフであれば、入浴介助当番ばかり割り当てられる、暴言暴力行為のある利用者さんの担当ばかりさせられるといったことが挙げられます。

仕事を公平に割り当てず、一部の介護スタッフに負担を強いる上司は、嫌な上司です。

介護の利用者さんをえこひいきする嫌な上司

介護の利用者さんをえこひいきする嫌な上司
介護を受ける利用者さんは、多様です。

社会的背景も性格も異なる利用者さんの中には、「好きな」利用者さん、「そう好きではない」利用者さんがいることは事実です。

認知症があっても社交的でいつもニコニコしている利用者さん、手がかからない利用者さんは好かれます。介護系の仕事で、利用者さんへのえこひいきはあってはなりません。

好きな利用者さんは優遇し、そう好きではない利用者さんにはそっけない態度を取る上司は信頼できません。利用者さんを公平に扱わず、えこひいきするのは嫌な上司です。

正社員と非常勤の介護スタッフを露骨に差別する嫌な上司

介護スタッフに仕事を公平に割り当てない嫌な上司
介護の現場は、正社員ばかりで成り立っている訳ではありません。それは不可能です。

正社員(常勤者)と共に、働ける時間や働き方も人それぞれな、非常勤職員(アルバイト、パート、登録社員、派遣など)で構成されています。

上司の中には「正社員は偉い」「正社員は能力が優れている」と勘違いしている人もいるようです。非常勤職員は、多様な働き方に対応する人たちであって、決して介護スキルが低いわけではありません。

介護の現場では、非常勤職員に対して露骨な差別をするところもあると聞いています。

実例として、正社員より非常勤職員にキツい仕事を割り当てる、休憩時間を短めに設定すると言ったことがあるようです。非常勤で働く介護スタッフのやる気はなくなってしまいますね。

正社員と非常勤職員を露骨に差別する上司は嫌な上司です。

介護スタッフにサービス残業を強要する嫌な上司

介護スタッフにサービス残業を強要する嫌な上司
上司の評価を左右する要素は「職員の残業時間が少ない」「有休をきっちり取得させている」などです。

そのため上司は、介護スタッフに公には残業をさせていない事にしたいものです。しかし、実際に仕事が終わっていない場合は、残業をさせざるを得ません。

このため、介護スタッフのサービス残業が発生します。給料に反映されないサービス残業を強要する上司は、自分の評価を気にしていることが多いのです。

自分の評価を下げないために、介護スタッフにサービス残業を強要する上司は嫌な上司です。

まとめ

まとめ
いかがでしたか?介護スタッフが楽しく、充実した毎日を送るためには、少なくとも「嫌な上司」の下では働きたくないですね。

「嫌な上司」の下で、介護スタッフとしての能力を活かせていないと感じている方、不公平な扱いを受けていると感じている方、悪口を言われて悩んでいる方へ。今、あなたの能力を求めている職場はたくさんあります。ぜひ、転職を視野に入れてみて下さい。

楽しく、充実した毎日を送れるよう、良い上司との出会いが待っています。

関連:「失敗しない」職場探し&おすすめ介護求人サイト

The following two tabs change content below.
なみこ

なみこ

現場経験は10年以上あります。お花、紅茶好きの40代です。最近は半身浴がマイブーム。少しでも悩む介護士さんの手助けになれば幸いです。
介護現場で遭遇する「嫌な上司」5選
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 介護現場の『チームワーク』に関する、重要項目3選とは!?
  2. 自分より仕事ができない人がリーダーになったらどうする!?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心