【介護職】腰痛でもう辞めたい!と思うあなたへ「腰痛改善策と負担の少ない職場」

この記事は2分で読めます

The following two tabs change content below.
ハナ

ハナ

現在35歳。15年程福祉、医療の仕事を経験しており、より知識を自分のものとできるようにライティングもしています。好きな事は、家族でドライブ。近くの温泉へ行ったり、子供と遊んだりして息抜きする事です♪

介護の仕事をしている人で、腰痛は多くの方が経験する痛みです。実際私もぎっくり腰から始まり、ヘルニアになりました。

腰痛が辛くて辞めたいと思う方も多いでしょう。そうなる前に腰痛と上手く付き合っていく方法を紹介します。

腰痛になる原因

腰痛になる原因
まず、多くの人間は骨盤が歪んでおり、骨盤の歪みをそのままにしておくと姿勢が悪くなり、無理な力が体の負担となり、腰痛をはじめ肩こりや首の痛みに症状として出てきます

それでも湿布や鎮痛剤等の一時的な解消方法を取っていると、後にヘルニア等の疾患に発展してしまいます。

腰痛を防ぐ方法って?

腰痛を防ぐ方法って?
腰痛を防ぐ方法として、腰痛ベルトを着用し、仕事を行いましょう。腰痛ベルトは腰をしっかりとサポートする役目があります。

本来、この役目は腹筋、背筋で行うので、腹筋、背筋を鍛えると共に腰痛ベルトを使うと効果的です。

骨盤のメンテナンスも

骨盤のメンテナンスも
そして、骨盤のメンテナンスが必要です。骨盤の歪みと聞くと、出産を経験した女性をイメージしますが、女性も男性も骨盤は歪みます。

寝相や座った時の体制、カバンを肩に掛ける方向等の積み重ねでも歪んできます。整体や接骨院等に行き、自分の体を知る事、定期的にメンテナンスする事です。

私も腰を痛めた時、整形外科のリハビリを終え、その後整体へ定期的に通っていました

私は体の歪みが強く、体も固く、腰を痛める好条件だったそうです。

定期的に通う事により、肩こりも良くなり、自分の気分転換の場所のひとつになりました。この様に腰痛にならない為の対策を行う必要があります。

腰痛がひどくならない職場を探す事も

腰痛がひどくならない職場を探す事も
もうすでに腰痛で困っている方、そんな方は、腰痛がひどくならない職場を探してみましょう。

勿論、介護度が高いと体への負担になります。

介護の負担が少ない、高齢者住宅や、リハビリ特化型デイサービス等は要支援の方も多い為、介護度も低くお勧めです。

又、最近では、介護ロボットを導入している施設もあるそうです。

難しいかもしれませんが、職場の仲間にも自分の腰痛の事を理解してもらい、腰に負担のない環境を作っていきましょう。

今の一時だけ…と思い無理をしてしまうと、一生腰痛と付き合っていく羽目になります。自分の体を大切にし、腰痛と上手く付き合っていきましょう。

関連:「失敗しない」職場探し&おすすめ介護求人サイト

The following two tabs change content below.
ハナ

ハナ

現在35歳。15年程福祉、医療の仕事を経験しており、より知識を自分のものとできるようにライティングもしています。好きな事は、家族でドライブ。近くの温泉へ行ったり、子供と遊んだりして息抜きする事です♪
【介護職】腰痛でもう辞めたい!と思うあなたへ「腰痛改善策と負担の少ない職場」
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 【介護の職場】5つの「辞め時」と思うタイミングは?
  2. 【介護職】1ヶ月前に辞める際の退職理由って何が良い?
  3. 辞めると伝えたが「辞めさせてくれない時」はどうすればいい!?
  4. 【介護職】辞めると伝えた時の「引き止め、断り方、退職理由」
  5. 求人票より休みが少ない!?ブラックな介護職場での体験談
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心