【介護職】家族の介護と両立って大変!?事例をご紹介

この記事は1分で読めます

【介護職】家族の介護と両立って大変!?事例をご紹介
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護職をしている方の中には家族の介護を行いながら働いている方もいます。介護サービスのほとんどが変則勤務であるため、家族の介護と両立するのは決して楽なことではありません

しかし、介護職は変則勤務だからこそ、時間を上手に使うことで両立することができます。

親の介護をしながら働いていたAさんのケース

親の介護をしながら働いていたAさんのケース
私のいた職場でも、親の介護をしながら働いていた方がいました。

職員Aさんは同居している父親の介護をしながら夜勤も含めた変則勤務を行っていました。

また、Aさんは職場の人に協力してもらいながら、忙しい時は定時で帰っていました。家族に介護者がいる場合、家族や姉妹と交代でみている方がほとんどです。

働いていれば仕事後に行う方も少なくありません。そのため、職場の人に事情を話して早く帰れるように工夫することが大切です。

もちろん、その分は何かでお返しができるようにすると今後の仕事も円滑にいくでしょう。

都合の悪い日はきちんと伝える

都合の悪い日はきちんと伝える
Aさんは都合の悪い日をあらかじめ周囲に伝え、勤務表の作成中に休みを入れることで勤務調整をしていました。

できるだけ都合の悪い日は休みを取り、急な勤務変更をしないように配慮していました。

すべての希望を通すのは難しいですが、現時点で分かっている予定を伝えることで、職場側も働きやすいように勤務表を組んでくれるでしょう。

そのため、周りに迷惑をかけそうであれば早めに事情を伝えましょう

勤務変更をお願いするときの為に

勤務変更をお願いするときの為に
いつ勤務変更をお願いするか分かりません。上司だけでなく、同じフロアで働いている人全員に伝えると仕事がスムーズにいくでしょう。

ですが、どうしても仕事と両立できない場合は、介護休暇を取ることも大切です。介護休暇を取るには条件があるため、気になる方は確認を取ってみて下さい。

家族の介護をしながら仕事を続けるには周囲の協力が必要不可欠です。時には体調を崩し看病を必要とする時もあります。

そのため、日頃から職員との関係を良くすることであなたが困った時、率先して助けてくれるしょう。

介護職は一人では決してできない仕事です。家族の介護が必要な方は、日頃から周りの職員へ気づかいをすることが仕事と介護を両立するコツだと思います。

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
【介護職】家族の介護と両立って大変!?事例をご紹介
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心