風邪を引いた時など『体調不良でも休めない時に工夫する事』とは?

この記事は1分で読めます

風邪を引いた時など体調不良でも休めない時に工夫する事とは?
The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。

介護職のほとんどは交代制の勤務であるため、自分が休むことによって誰かと勤務交代をしないといけません。

そのため、少しくらい体調が悪くてもほとんどの介護職は出勤しています

私も連続勤務が続いて体調を崩した時がありましたが、休みの人に出てもらうのは悪いと思い無理をして勤務したことがあります。

素直に体調が悪いことを伝えるべき

素直に体調が悪いことを伝えるべき
その時に体調が悪くても素直に「今日は体調が悪い」と伝えることが大事だと感じました。

体調が悪いことを伝える事によって、周囲も無理な仕事を頼みませんし、定時に上がらせてもらうこともできます。

また、介護が大変な時は変わってくれる可能性もあります。

介護事故に繋がってしまう原因にも・・

介護事故に繋がってしまう原因も
体調が悪いのに無理をしてしまうと、介護事故を起こしてしまう可能性もあるため、調子が悪い時や体調の悪い時は遠慮をせず周囲に状況を話すようにしましょう

また、夜勤をしていると生活リズムが崩れてしまうため、慣れている人でも体調を崩しやすいです。

そのため、夜勤の前後は外出などを控え普段より多めに休養を取るようにしましょう。

日頃からの心がけ

日頃からの心がけ
その他にも日頃からきちんと栄養を取って睡眠をしっかりと取ることが大切です。

また、勤務前、勤務後の手洗いうがいもしっかりと行いましょう。

介護職は不規則な仕事で体力も必要ですが、食事や睡眠をしっかりと取って規則正しい生活を送っていればまず体調を崩すことはありません。

「日頃からの健康管理」も介護士にとって仕事のうちだと思って下さい。

また、介護施設はご家族や業者など人の出入りも頻繁なので、インフルエンザの予防接種をすることもおすすめです。

施設によっては全員接種させる所もありますが希望制の場合はできるだけ接種するようにしましょう。

私も毎年接種していたおかげでインフルエンザにならずに済んでいます。

その他にも、体調不良時のマスクの着用や施設内の消毒、清潔管理も仕事をしていくうえで大切となります。

まずは風邪で仕事を休まないように自己管理をしっかりと行うことから始めましょう。

The following two tabs change content below.
ゆっき

ゆっき

介護福祉士として介護施設で5年以上の経験があります!より分かりやすく、読みやすい記事が書けるよう心掛けていきます。
風邪を引いた時など『体調不良でも休めない時に工夫する事』とは?
この記事をお届けした
介護職の歩き方
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 介護職には腰痛が付きもの!よくある腰痛の悩みと改善策
  2. 休憩が取れなくて困ったら試したい「5つの方法」とは?
  3. 介護職での腰痛対策とは?コルセット、整体員、他
  4. 介護職では休憩できなくても当たり前?介護スタッフの休憩事情について
  5. 身体介護が少ない介護職は?お勧めの介護サービス2選!
  6. 不規則勤務とどう戦う!?私や周りの職員がやっていた疲れを取る方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心