カテゴリー:身体面

  1. 休憩が取れなくて困ったら試したい「5つの方法」とは?

    介護職は人間相手の仕事のため、様々な事情から休憩が取れないことがあります。ですが介護職を始めて間もない場合だと、「どうしたらいいのかが分からない」でしょう。 私も介護就職を始めたばかりの頃は、休憩が取れなくて困ったことが何度もありまし…

  2. 介護職では休憩できなくても当たり前?介護スタッフの休憩事情について

    介護の現場では「休憩が取れない」「休憩を取らせてもらえない」ケースが横行しているようです。 労働者は、勤務時間中に休憩休息を取る権利と義務があります。休憩なしの長時間労働は、疲労が溜まり、注意力や集中力が低下することによってミスや事故…

  3. 風邪を引いた時など体調不良でも休めない時に工夫する事とは?

    介護職のほとんどは交代制の勤務であるため、自分が休むことによって誰かと勤務交代をしないといけません。 そのため、少しくらい体調が悪くてもほとんどの介護職は出勤しています。 私も連続勤務が続いて体調を崩した時がありましたが、休みの…

  4. 人手不足の職場を腰痛が理由で辞めるには?

    介護士の退職理由の中で、腰痛をあげる人は多いものです。 特に、介護士を始めたばかりの人は、利用者さんを車いすやトイレへ移動介助する際に、身体を上手く使えずに腰痛を起こしやすいと言われています。 私が働いていた職場でも未経験の新人…

  5. 身体介護が少ない介護職は?お勧めの介護サービス2選!

    介護サービスを利用する方の中には、身体介護を必要とする方から必要としない方まで様々な方がいらっしゃいます。その中でも腰痛をもっている介護士や体の負担を減らしたい介護士は、身体介護の少ない介護サービスを利用しています。 身体介護の負担を…

  6. 介護職には腰痛が付きもの!よくある腰痛の悩みと改善策

    介護職は年代に関係なく誰でも腰痛になる可能性があります。よくある腰痛の悩みが、体格のいい利用者を車いすからベッドに移動した後から次第に腰痛が出始めたという内容です。 私も同じような介護で腰の痛みを感じたことがありました。 腰痛が…

  7. 不規則勤務とどう戦う!?私や周りの職員がやっていた疲れを取る方法

    介護職は早番や遅番、夜勤といった不規則な勤務であることから疲れがたまりやすい仕事になります。 私も20歳から介護職をしていましたが、毎日不規則な勤務が続いていたため疲れが取れなく、慣れるまでは休日は半日くらい寝ていました。「若いのに?…

  8. 介護職での腰痛対策とは?コルセット、整体員、他

    介護の仕事は車いすの移動介助やおむつ交換などの身体介護を行うことから、腰痛を起こしやすい仕事としても有名です。どこの介護施設へ行っても腰痛をもつ介護職員は必ずいます。ですが、多くの介護職員は腰痛が悪化しないように利用者の介護場面で工夫をして…

RETURN TOP

おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心