てっちゃんの記事一覧

  1. 介護老人保健施設は『リハビリのための施設』介護職員の役割とは?

    介護老人保健施設(老健)は、病院を退院した後に、自宅への復帰を目指してリハビリの継続をするための施設です。同じ施設内に入所施設とデイケアを併せ持っています。 理学療法士や作業療法士、言語聴覚士というリハビリの職員が配置され、身体機能の…

  2. 介護付有料老人ホームの職場選びで『注目すべきポイント』は?

    介護付有料老人ホームは、特別養護老人ホーム(特養)と同じように、要介護状態になった方を受け入れる介護施設です。社会福祉法人や医療法人以外に民間企業が運営しているものも多くあります。介護付き有料老人ホームを職場としての視点から見てみましょう。…

  3. 働きながら「介護職員初任者研修」を受講したいなら!受講形態は主に3つ

    介護職という仕事は、無資格・未経験からでも始めることができ、その後国家資格である「介護福祉士を目指すことができる仕事」です。そのキャリアアップの入口となるのが初任者研修(旧ヘルパー2級)です。 この介護職員初任者研修は、修了することで…

  4. 実務者研修の強みとは?喀痰吸引の資格で職場の戦力に!

    介護職員実務者研修は、今までのヘルパー1級に相当する資格です。これまで介護にまつわる資格は介護職員基礎研修などいくつかの系統に分かれていましたが、今後は「介護職員初任者研修」と「介護職員実務者研修」の2つに集約され、介護職員の専門性を高める…

  5. 特別養護老人ホームでの仕事は何するの?収入面やキャリアアップのコトも

    介護職の職場には様々な形態があります。施設系サービスの特別養護老人ホーム(特養)はどのような職場でしょうか? 特養は、介護度3以上が入居の条件となる介護施設です(家庭内虐待事案など例外もあり)。そのため、介護度が重い人が多く入居してい…

  6. 『働きながら』がスタンダード!介護福祉士への道

    介護の仕事は、訪問介護の業務を除いて資格を必要としません。業界全体の人手不足が深刻であるため、無資格・未経験でも求人が多く、誰でも始められる仕事です。 でも介護の仕事をずっと続けていこうと思うなら、介護職の唯一の専門資格である「介護福…

  7. 介護職は常に人と接していなければ務まらない仕事です。仕事の対象となるのは弱い立場の高齢者であり優しく笑顔で仕事することが求められます。顔で笑って心で泣いてという言葉もあるように、それは決して楽なことではないと思います。 そんな日々の業…

  8. 美容室に行くと、美容師さんごとにランクがあることがありますよね。美容師さんの腕や経験によって同じカットでも料金が違います。 一方、介護職に限らず、医療福祉関係の仕事は、経験によって仕事に対する対価が違うという仕組みがありません。対価に…

RETURN TOP

おすすめ介護専門求人サイト おすすめ介護求人サイト

資格保有者向けは?
無資格・未経験でも安心